スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
うつな人に差し入れ
うふっふ。吉澤です。

思いつかなくて適当な挨拶をしてみたり。
とゆーのもですね、ちょっと忙しいんですね。休日返上って感じで作業すれば片付くかな。

それに加えて、身近な人がうつになったようで、病院からお薬などもらってきたようです。
今年入ってから4人目かな、「うつになった」という人の話が届くのは。

「うつになった」と、「がん・脳卒中・心筋梗塞で亡くなった」の2パターン化してますね。後者は50代以上の方ばかりですけど。


それはそうと、今回は身近な人に起こったので経緯なども多少把握しています。それを踏まえて差し入れをすることにしました。
※ここには何かのヒントになればと思ってメモを残すことにします。が、ご自身の健康問題については医師と相談することをおすすめします。
続きを読む
スポンサーサイト
【2010/08/20 23:55】 | こころがけ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
半年たつから抱負を再チェック
6月、6月、6月。と書くと不吉なカンジ。 吉澤です。

うかうかしていると今年も半分終わっちゃうんですよー。わーわー。

ここはひとまず書きたいネタは脇に置いておいて、今年の抱負を再確認しようと思います。まとまらないけど。雑記だけど、忘れないために こころがけフォルダに入れよう。


容姿をどうのというのは優先度が低いので、支援関連のことだけメモ。
ちょっと脈絡なく書いちゃうかも。

しかも、真面目かも。ごめん!


(主に性同一性障害の)支援を考えるときの難しいところメモ

・医療レール問題
とりあえず名付けた。GIDに限らない。私も全く別のことで知ることになった。
これは、クライエントが医療者に勧められるまま and/or 求めるままに、治療が次々と進むことで起きる問題。
医療の現場ではインフォームド・コンセントによって改善を図っている。

しかし、私が思うには、医療者は科学として話をしていても、クライエントは宗教のつもりで聴いているようなフシがある。これがインフォームド・コンセントを行っても依然としてトラブルが起こる原因なのでは・・?


・SRS後の問題
GIDで、上述のレールに乗ると、しっかりとした理解と納得、将来の展望のないままSRSまで終えることになる。
SRS後も苦悩する・生活に苦痛がある・過去を捨てようとして孤立する、などの問題がある。
治療期間中に、こころの強さを手に入れていなければ、むしろ鎧を剥がされること・過去を暴かれることに不安を強めるのでは。
当事者間ではSRS後の心理について、あまり語られていないように感じられるのが気がかり。


・苦痛の根本原因、及び二次障害・合併症などの問題
GIDの訴えには、抑うつや不安が強いケースも多い。
また観察的に、発達障害の潜在や自己肯定感の低さなどが複雑に絡み、パーソナリティ障害の合併も多いとされる。

これらの回復のカギは自己肯定感の回復にあると考える。発達障害でも喜びを感じて生きている人は大勢いるし、パーソナリティ障害も同様だ。自分も周囲も気づかずにいる場合もとても多い(これらの場合にはもちろん、障害とは呼ばれない)。

日常生活に機能的な不便さがなければ、これらは長所・短所として個性を形成している要素であるが、そのような自分の良さに気づくには相応の経験が必要になる。そのため、数ヶ月・数年単位での教育的関わり合いが回復を助けるのだけど、これを月1回だけ顔を合わせるような関係の医師が行うことは難しい。

予防には、教育の取り組みや、あたたかな地域ネットワークの構築が不可欠になると思われる。現行の当事者には、専門員のいる機関がスムーズに紹介されるような組織作りが欠かせないと思う。


・支援的な地域ネットワークの構築
教育的関わり合いは、インターネットでは成立しにくい。なぜなら、「先生・先輩」が気に入らなければ容易に逃げ出せるからである。
指導を行う人物として相応しいのは、両親や祖父母、兄・姉など、恋人、配偶者、教師、会社の上司、地域に暮らす人生の先輩たち、である。

しかし、そもそもの自己肯定感が下がった原因がこれらの人物との関わり合いだったとも想像され、ここに発生する感情的な悪循環が解決を難しくしている。

社会活動家・芸能人などの社会露出的な働きはこの分野に対して大きな意義がある。いってみれば、逆に世の中に対しての教育的関わり合いを持とうとしているといえる。
反面、世の人だけでなく、「こんな人たちの真似はできない」と消沈してしまう当事者もいると思われ、活動が局在化することも懸念される。
ネットワークづくりのためには、どれだけたくさん、異種異様な人々を巻き込めるかが重要とされる。


・マンパワーとシステム
支援活動は、人の情動に関わることも大変多い。そのため、システマチックに処理することは容易ではないと思われる。
とはいえ、今までも多くの人が頑張って取り組んできて、それでもまだ解決しないからこその社会問題である。本質的解決のためにはブレイクスルーが求められているのではないか?

私は1マンパワーしかない。単位として使うのかよ
平らにならせば誰もが1マンパワーしかないはずだけど、人により割り振りが違う。

私の持つ力で、私だからできることは何か? それは誰のためのものか。そこには自分も入るのか。どこまで何がやれるのか。何をやらねばならないのか。
目の前の1人だけは救ってみせるという意気込みは、生涯で1人しか救えなかったとの後悔にならないか。
多くの人を救いたいという想いは、誰も救えなかったということにならないか。

このアンバランスな感情と障壁を破るものが必要になっている(これは私の中の問題ね)。



・情報の混乱
・・について書く時間がなかったとです。軽く触れます。

GIDについて、インターネットで手に入る情報は2000年頃からほとんど変化していないように見えます。中には歪曲して編集されたと思われるものもあり、これが混乱の元になっていると思います。
このようなトラブルに対して今できるアドバイスは、必ず専門機関に相談する、ということ。でもそれがどこかって話ですよね。すみません。しかも、ある程度密度の濃い関係を築くことを勧める立場としては、相談というのも、どうか。質と量が、うーん。

できるだけ正しい情報が欲しいと思うなら、書籍を新しいものから順に読んだほうがいいです。研究報告書は一般には閲覧できないでしょうけど、医学書などは専門の書店にはあるんじゃないでしょうか。(めちゃくちゃ高いけど・・)

性自認に基く語りは、どうしても主観が多くなります。しかし、客観的にみるからこそわかることもあります。自分を知りたいとき、研究書籍は役に立つでしょう。
当事者の手記は大変に胸を打ちます。これはがんばりたいときに読むのがいいと思います。



まぁまぁ、問題点は洗い出せたのかな・・。まだあるでしょうけど。
ここからまた先を見よう。
【2010/06/08 23:05】 | こころがけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
I am the expert on my life.
最近のお気に入り。
" I am the expert on my life. "

海外のメディカルシーン発祥の言葉で、
「私は、私の人生の専門家である。」という意味です。

健康・健全、幸せ、成功、勝ち、あたたかさ…人生をどうありたいかは価値観にもよるけれど、とにかく「いい状態」であるためには自らの人生の専門家であり続けることが必要だと思います。

自らの人生の専門家であるということは、自らの身に起きる全てのことを把握して、コントロールできるということです。それは夢や希望を叶えることができるということであり、全能感に浸り、自由を獲得するということです。
しかし、叶えられないのは専門家になれていないから、自らをコントロールできていないからだということで、諦めや不平不満・愚痴で終わることに対しては厳しさを持ち合わせています。

もし、日常に不快を感じることが続けば、それは自分についてまだ知らずにいる、専門外の領域に触れているからかも。
私はそういうときこそ探求のチャンスと思って、「実験」します。実験だと思えば単純に結果を出すのが目標になるので、プレッシャーを避けられ、期待はずれだったと落胆することもない、という寸法です。
私は臆病なので、勇気の代わりに探究心を使ったほうが自らが行動しやすいということを知っています。

LGBT week ということで、セクシュアルマイノリティ『の自分』を正しく理解する『習慣』を私から for you.
ちょっと上手いこと言ったんじゃなかろうか。おっさんか。

お後がよろしいようで。吉澤でした。
【2010/05/20 23:22】 | こころがけ | page top↑
率先しよう、そうしよう
 
率先しよう

バナーを追加しました。

これはライフワークの根幹にもなっているポリシーで、「率先しよう」という気持ちを表しています。
バナーには、「まず!あなた自身を導きなさい」というメッセージを刻み、いつも忘れないように注意カラーにしました。

「率先してやる」というと、組織の中で他の人よりも先に何かの仕事に取り組むというようなイメージもあるんだけど、それは違います。それはただの競争だと思います。

私の考える「率先」というものは、

…例えばカミングアウトの場合。

どこかで「相手に理解してほしい」と思っている。
なら、「まず」、自分が自分を理解すること。それから、自分が相手を理解すること。…率先です。

理解すべき内容を整理し、理解するということのプロセスを体感すれば、相手に「理解させる」のは難しくないです。このときの率先の達成度は、「してほしい」や「してもらいたい」というような相手に判断を委ねてしまうことが、実は相手を理解できていないから委ねざるを得ないのだ、という部分から知ることができます。

私の場合は、自分と相手をある程度まで理解した段階で、相手に理解を求める必要がないことに気付くことが多いです。自分の思った方向に物事を進めるために必要なことはカミングアウトではない、という結論でしょうか。
カミングアウトはライフワークとして行うか、まぁ、ちょっと刺激が欲しいとか(笑)、大切な人には話しておくべきだ、と思うから話す、とかかな。嫌われてもいいんです。相手の心に種をまくことはできる。それで十分です。


もう1つ、

…例えば恋愛の場合。

「愛してほしい」と思っている。 これも、同じです。
まず、自分が自分を愛すること。そして、相手を愛すること。…率先します。

こう考えると、恋や情を、愛と分けられるような気がします。なんとなくだけど。


それから、この「率先」をしていると、愚痴や文句が出てこないです。

…例えば、何気ない会話の最中、友人がKYだったとき(笑

KYな人をKYだと批難したり、押し黙ってしまい会話を途切れさせる行いはあると思うけど、果たしてそれは「空気が読めている行い」かな?と考えるわけです。まず率先して、自分が「空気を読めている行い」をすべし、となれば、KYな人のフォローまでできて初めて自分は「空気が読めている」ことになる。それができなきゃ自分もKYだということです。

自分の非力を棚に上げれば愚痴や文句が出ます。愚痴や文句が悪いとは思わないけど、問題の在り処を自分の外に置けば自分で解決できなくなる。これは苦しいです。さっさと解決したいなら自分の問題にするのが一番です。手出しできないものには無力だけど、手が出せれば非力でも力はかけられます。


まとめに、
この「率先しよう」という気持ちは、日常のたくさんのことに関わってるので、活動じゃないんだけどバナーにしました。

なんか、決意表明シリーズになりそう(笑
【2009/09/07 11:21】 | こころがけ | page top↑
毎年3人にカミングアウトしよう
 
毎年3人にカミングアウトしよう

サイドバーに貼っております、このバナー。 私のライフワークの1つを表しています。

私は、毎年3人に自分のことを知ってもらおうという活動を勝手に考えて勝手にやっています。

身近に自分のことを深く理解できる人がいれば心強いですし、他の人がカミングアウトしやすい&受け入れやすい雰囲気を少しずつでも作っていくことができたらと思っています。

例えば、全ての性同一性障害にあたる人たちが同じ活動をすれば、各々がその一生を終える頃には社会は大きく変わっているでしょう。

でも、とりあえず自分が始めるぞ、という決意をバナーにしてみました。

※追記メモ
2009年の吉澤の実績は11人でした。
その中でも印象的だったケースを2つほど。

1つはGIDであることを伝えたことでお仕事をもらったこと。伝えなければ断られそうな感じでした。
もう1つは、メディアの方とお話ししたこと。別件での取材だったのですが、GIDの人間が当たり前に近くにいる、ということは感じてもらえたと思っています。

2009年のカミングアウトで起きたトラブルはゼロだと思っています。
習うより慣れろ、な気もしますがポイントは整理できているので記事にしてみたいと思っています。
【2009/08/27 09:45】 | こころがけ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。