スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ヘアとTシャツとワタシ
『ワタシ』を『タワシ』と読んだ人は『ヘア』に釣られすぎたと思います。吉澤です。さっそくすみません。

パーマがこなれてきました。湿気があるにも関わらず、とれかかってるような。すごくかかりにくい髪質だそうです。
プロフ画つくったばかりなのに、もう髪型が違うというのはどうなんだろう・・。

それはそうと、夏に向けてファッションに困りだしたので買い物にいってきたり。

悩むんですよね~~~~服!
・・珍しく感情が出るほどマジになってしまいます。

友人に話すと「好きなの着たらいいじゃん。」と言われてしまいますが、好き嫌いじゃなくて表現として適切かどうかが判断基準になっているワタクシ。
きっとデザインを学んだときに『お前の好き嫌いじゃなくて考えろ』と徹底的に叩き込まれたせいだと思う。

自己表現ということを考えるとトランスジェンダーな部分は大きい。しかもコレが絶妙なテーマ。

「多様な性のあり方」を訴える立場なのに、自らは思いっきり女側に振った格好をしたのでは説得力がない気がする。

かといって、
「性別なんて気にしていません。」・・だったらジャージでいいじゃない?何そのスタイル?
これも言ってることとやってることが違うんじゃないの。ってことになる。

人間の感覚というのは、こういう矛盾を敏感に感じ取るから面白い。プレゼンでこの手の間違いを犯そうものなら上役のおじさんたちはすぐ突っ込んでくるから侮れない。すぐ突っ込ん・・ ちょっと違うことを妄想した。

でもホント、入社3年目くらいの担当者をクリアしたと思ったら上役が出てきて『あぁん、らめぇ!』とか、自らの未熟さを思い知る瞬間。


ファッションの話でした。

とにかく、
『たしかに性があるのに、性別がない。』 そんなことが可能なのか、目指す姿を考えるだけでオラ わくわくすっぞ。 と、アチコチの店に入る。メンズもレディスも見るからフツーの人より時間がかかってるかもしれない。

それにしても、なんだか周囲の人の反応がイマイチつかめなかった。たいてい、性別がわかりにくいとか、見るからにおかまだというならジロジロと見られるはずだったのに、なんだろう、特に何事もなく。メンズ見ててもレディス見ててもそうなのだから、余計にわからなくなった。近寄り難いオーラは出していたかもしれないけど。

反応をとらえられないというのは表現者としてどうなのだろう・・。それともトランスジェンダーが当たり前にいる光景として上手くいったと思ってもいいのだろうか・・。


で、最終的にTシャツ買いました。前の夏に買ったのがヘビロテでくたびれてたし。

一応メンズなんだけど、ややロング丈でドレープネックというシロモノ。貧乳というか無乳なのでドレープネックで誤魔化す。
むにゅう(はぁと)ってすると、むしろ巨乳そう。

いいな、むにゅう(はぁと)


日常のひとコマでした。
スポンサーサイト
【2010/05/27 22:21】 | 2010 | page top↑
MtFメイクアップ・トランジション
couple.jpg

こっちみんな。 吉澤です。

この画像は、似たもの夫婦

ではなく、
左の男性を一定のルールに沿って女性的な顔立ちにしたものです。(※冒頭の画像は縮尺だけルール外の変更を加えてあります。彩色はルールと関係ありません)

このエントリは、顔の性差を考慮したMtFメイクアップ・トランジションの手法について扱います。(補足に留め、FtMのケースについても触れています。)
興味のあるかたは続きをどうぞ。
続きを読む
【2010/05/25 21:40】 | 2010 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
I am the expert on my life.
最近のお気に入り。
" I am the expert on my life. "

海外のメディカルシーン発祥の言葉で、
「私は、私の人生の専門家である。」という意味です。

健康・健全、幸せ、成功、勝ち、あたたかさ…人生をどうありたいかは価値観にもよるけれど、とにかく「いい状態」であるためには自らの人生の専門家であり続けることが必要だと思います。

自らの人生の専門家であるということは、自らの身に起きる全てのことを把握して、コントロールできるということです。それは夢や希望を叶えることができるということであり、全能感に浸り、自由を獲得するということです。
しかし、叶えられないのは専門家になれていないから、自らをコントロールできていないからだということで、諦めや不平不満・愚痴で終わることに対しては厳しさを持ち合わせています。

もし、日常に不快を感じることが続けば、それは自分についてまだ知らずにいる、専門外の領域に触れているからかも。
私はそういうときこそ探求のチャンスと思って、「実験」します。実験だと思えば単純に結果を出すのが目標になるので、プレッシャーを避けられ、期待はずれだったと落胆することもない、という寸法です。
私は臆病なので、勇気の代わりに探究心を使ったほうが自らが行動しやすいということを知っています。

LGBT week ということで、セクシュアルマイノリティ『の自分』を正しく理解する『習慣』を私から for you.
ちょっと上手いこと言ったんじゃなかろうか。おっさんか。

お後がよろしいようで。吉澤でした。
【2010/05/20 23:22】 | こころがけ | page top↑
LGBT week!!
LGBT week

5月16日から始まっております、今週は LGBT week だとかで、23日まで「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」だそうです。
私自身、一生涯にわたる「広報活動」と思って日常でのカミングアウトなどをしていますので、こういうイベントなども目的は同じ。ということで微力ながら紹介してみました。

それにしても含みのあるタイトルですよね。「正しく理解する」だなんて、
一口に言ってくれちゃって。

解釈は人それぞれでしょうけど、

LGBTの人たちも、LGBTではない人たちも、同じ人間。
というのが、私にとって疑いようのない正しさで、

同じ人間だから、理解できることもあり、できないこともある。(…この瞬間は。)
というのが、私が理解していることかなーと思いました。

なるべく易しい表現にしようとして失敗した感じです。ええ。
まぁ、「理(ことわり)を解く」と書いて「理解」だから、易しくはならないのかもね。そんなの仙人のやることだもの。

理解してもらえるかはわかりませんが、明日も一日がんばってきます。
【2010/05/17 22:33】 | 2010 | page top↑
職場でオープンに生きる
くたびれたパンツを乾燥機にかけたら、ゴムが縮んでジャストフィット。吉澤です。
なんかもういきなりいろいろすみません。

わたくし、職場ではカミングアウトというか、トランスジェンダーであることをオープンにして働いています。
というか、審査のときにトランスジェンダーであることを自分の才能としてPRしたからこそ、当落線上から先に進めました。

ビジネスと言い切るほど厳しい世界でなくとも、社会では、自分は何者で、何を提供できるのか、が問われます。
上手なカミングアウトは、その問いに対して明確な答えを与えられることだと思います。その方法は言葉に限りません。答えを用意できればいいのですから。
オープンでいるというのは、それを連続させて、体現し続けるということ、かな。

ただの男、あるいは、ただの女に生まれていたなら、なかなか気づくことができなかっただろう、ということがGIDに限らず、LGBTに共通してあると思います。
悲しみを込めて語られることもある通り、確かに、他の多くの人たちが経験したことを、私たちは経験できなかったかもしれません。

けれど、私たちが経験したことを他の多くの人たちは経験できなかったのだから、その違いは売りになるはずです。みんな、自分にないものが欲しいのですから。いや、LGBTはあるもの同士で欲したりもしますが。なにこの最低なコシの折り方。

ということを、今日は仕事せずに考えていました。仕事しろ。ウフフ。
【2010/05/12 21:22】 | 2010 | page top↑
COMING-OUT NOW!!
連続更新。この勢いは、今だけ。 吉澤です。

COMING-OUT NOW!!
(画像クリックで広告ギャラリーを別ウィンドウで開く)

SONYがパソコンを新発売。だそうです。その売り文句。
「COMING-OUTしよう。本当の自分をいつでも表現できる。自由なスタイル 」

正直パソコンと関係あるのかわかりませんが、時流をとらえた表現にはすばらしいの一言。
パッと感じるところでは従来どおりの個性主張路線にも思えるのですが、より先進的なキーワードとして「いつでも」と入っているのが良さでしょう。COMING-OUTを表現とかけたのも上手いですよね。

ビジュアルのアイデアはあしゅら男爵みたいな感じで手法自体に目新しさはないのですが、多様性の世界においては、それぞれの側面で突出することが求められるということを表しているんじゃないかなーと思ったりしました。これはサッカーを題材に語られることもあるようで、攻撃も守備もできる柔軟な選手が現代には求められているが、中盤のミッドフィールダーを指しているのではなく、守備もできるフォワード(点取り屋)や、点も取れるディフェンダーが必要なのだ、というようなことなのですね。

その見方で、冒頭の画像の男性は、デキるビジネスマンであり、ビジュアル系のバンドマン。決して、それらを足して2で割ったようなチャラリーマン(チャラチャラしたサラリーマン)には描かれていないです。どちらも本気、という雰囲気ですね。
広告ギャラリーには他にも、秘書でコスプレイヤー、みたいな人など、イメージは全部で5種類あるので興味のある人は覗いてみるといいかも。

それにしても、2つの要素をSwitch(A or B)するイメージを見ることも増えましたが、この先はDouble(A × B)かIntegrate(A + B + C…)が重要だろうとも思います。すでに潮流は起こってますよね、注目度の高い社会起業家は「福祉×経済」、大ヒットのBBクリームは統合化粧品です。
トランスジェンダー[Trans-Gender]は「性別を超越した者」という意味ですが、おネエMANSが注目だったのも、男⇔女というスイッチ式でなく、潜在的な価値観に符合する存在だったからかもしれませんね。肝心なのは、その上で、既存のものに埋もれないことです。深いですね。

私も、トランスジェンダー×バイセクシュアル というところで、ひらめきを人に提供できたらいいなと思います。がんばりまーす。
あ、タイトルのわりにカミングアウトと関係ない内容でしたが、タイトルはSONYの特設サイトの名前から取ったものだからです。あしからずー。
【2010/05/10 22:07】 | 2010 | page top↑
母の日デート
やっぱり日記も書いちゃう。みたいな。吉澤です。

今日、5月9日は「母の日」 ということで、こういう日くらいは・・と、お母様をデートにお誘いしたのです。っても、お茶とケーキをおごっただけですが。私も久しぶりにたわいもない話を楽しみ、リラックスして過ごせました。

思い起こせば、私が自らのセクシュアルについて、初めて母に打ち明けて、・・こじれ、お互いに勘当同然、家出同然で離れたのが、今から10年前でした。その間に何度も苦難が訪れましたが、この経験がなければ今の自分はなかったですね。

母とは私のセクシュアルについて話すことはないのですが、今では自然にコスメや服についておしゃべりしているし、母がそういうものをプレゼントしてくれたこともあります。また、恋人が男か女か、なんてことは話題になりませんし、まぁ、それは自分の人生は自分で生きるということで、私は相談しませんし、訊かれもしないので、これは大人として当然なんでしょうけど。

ブログではカミングアウトについて書くことがあるのですが、正直なところ、テクニックとしてのカミングアウトは「会社編」とでもいったらいいのか、社会でしか通用しないものだと考えています。その正体はつまり、交渉術なんですね。家族や友人との付き合いは、愛情や友情、信頼であり、絆です。それらは取引では扱えないものなので交渉術ではクリアできない、というのを最近気づきました。

ただ、私の場合は、母とは結局、仲良くやっているので、メチャクチャに壊れても修復が可能なのが、愛によるつながりなんだろうなーと思います。これをつなぐのは、言葉だけじゃないんですね。ホント、全くセクシュアルについては話しませんから。

職場で母性について考えることがありますが、これは捉えきれるものではないと思う一方で、すぐそこに実体としての、私の母がいる。本にすれば膨大で、一生かけても読み解けないそれが、目の前に一人の人間のカタチで存在し、ダイナミックに発信をしているということに不思議な感覚を覚えました。あ、むずかしいなこれ。



お母さん、ありがとう。
【2010/05/09 22:49】 | 2010 | page top↑
夢をかなえるイメージングの力
GW、終わっちゃいましたね。とっくに。吉澤です。

まず、こちらをご覧ください。話題の3Dディスプレイ対応の特殊画像です。普通のディスプレイだと妙なモアレが発生して表示が乱れてしまうことがあるのですが、ちゃんと景色など見えていますでしょうか? 全部うそです。

「3D画像でなければ、サブリミナルか?(昔、流行ったよね)」と不思議に思われるかもしれませんが、記事後半でわかります。


さて、近況、なんかいろいろあるんですが、ブログは主にセクシュアルとメンタルのネタに絞っておこうと思ったら書くことがあんまり・・・。

といっていると後向きなので、やります。

イメージングの力、というのをご存知でしょうか? 「想像したことが現実になる」 とでもいえばいいのかしら。マーフィーの法則とか、作用の理屈もあるのですが、んなこたいいから つかえるもんは つかっとけ! ということでご紹介してみることにします。

やり方は、自分のなりたいイメージを、繰り返し、強く念じるように、思い浮かべる、だけ。とはいっても、梅干をイメージして、現実に唾液が出てくるというレベルなら、あまり想像力も必要ありませんが、自分のなりたいイメージとなると想像するだけで疲れそう。

そこで、なりたいイメージに近い写真などを持ち歩き、よく目に触れるようにする方法をおすすめします。
スポーツ選手などで、本人がまだアマチュアだった頃に、プロ選手のプレー中の写真を雑誌から切り抜き、その顔の部分に自分の顔写真を貼り付けて、プロとしてスーパープレーを決めている自分の姿を思い浮かべ、毎日胸に焼き付けていた、という話をされる人がいますよね。また、アメリカの映画のワンシーンによく出てきますが、自分が成功したときの記念写真や賞状をデスクや壁一面に飾るというのも同じだと思います。
なんだかナルシストのようで恥ずかしいと思うかもしれませんが、事実、そうして望む結果を出してきた人たちがいるのですから、これを真似しない手はありません。

私の場合は、インターネットで、「なりたい自分」に近い人物の写真を集めたり、女性として暮らしていた時期の写真をいれたアルバムをデスクに、それからケータイにも写真をいれて、いつでも見れるようにしています。
で も 、 
さすがにちょっと写真が古い・・・。あまり古いと過去の栄光っぽく感じられて逆効果ですから、ここは1つ、スポーツ選手式に未来像をつくることにしました。幸い、写真の中の笑っていない人を笑顔に作り変える技術(倫理的にどうなの・・?)も持ち合わせていたので、今回はこれを自分に適用することにしました。

用意したもの:急きょケータイで撮った今の自分の写真、パソコン、ペンタブレット、Photoshop、メイクの知識

思いつきで作業を始めたので、元の写真は完全ノーメイク(もちろんお見せできません)。これにパソコン上でメイクを施して、フルメイク状態の自分をつくろうという横着甚だしいプラン。いい時代になったものです。

~ 作業1時間ほどで完成 ~

さて、ブログのネタ的には、ここで完成画像だけでも公開するのが流れというもの。だがしかし、予想以上に詐欺チック☆な仕上がりになってしまい、完全に最新プリクラ機の上をいった感があるのでお見せできない。もしこんな画像をリアルに交遊のある人に見られでもしたら叩かれかねない。それはダメだ、打たれ弱いのだ。たぶん。
でも記事のメリハリとして画像は載せたい派(?)なので、方法を考える。長文が多いけど、本当は好きじゃない。文字だけで長いのは特に。

ということで、完成画像にもう一手間かけて、なんとなく作品っぽく見えそうなプロフィール画像に仕立てよう。名刺に印刷したら写真関係のアピールにもなるかもしれない。「あ、コレ わたしです。」なんて言って挨拶したらドン引きされそうだが、補正技術を認めてもらえれば仕事にも結びつくかもしれない。前向きに考えよう。うん。

[完成画像、ココ]・・・と、最初はここに画像を置いてみたのだがシックリこない。もうこれは先制パンチしかない!それしか生きる道はないんや!と思い、冒頭に持っていきました。つまり冒頭の人物は吉澤です。あ、わかっていましたか、そうですか。著者近影(←言ってみたかった)。あとなんかまだら模様だったけど、死のサブリミナル効果などは仕掛けていませんので安心してください。


ちょっと逸れますが、ワタクシ、本当はかなり孤独が好きなので、気の向くまま行動していると、おひとり様まっしぐら。それじゃイカンよ、もっと自分をPRしなさい、人に与え、与えられ、つながりを大切になさい、と神様がいったような気がしまして、ブログなども何とか頑張っている次第です。リアルでも秘密が多いというか、聞かれなきゃ語らない人ですが、積極性を身につけるためにリアルの一部をブログに流し、少しずつ顔出しなどもしつつ、いずれはアメリカ人ばりにリアルもネットも統合できたらいいな、なんて、あ、そこまでは思ってないかも。
あ、でも、IKKOさんのように、ノーメイクのバリバリ男顔を動画で晒せるようになったら、そのときは私も成長したな、と思うことでしょう。25年くらい待っていただけますか?その頃、ブログ続いているのかな?
日々、トレーニングです。


さてはて、そんなこんなで、結構気に入ってます。ケータイでの自撮りにしてはライティングが上手くいった(そこかよ)
いやいや、もちろん、イメージングも気に入ってます。いわゆる美容整形にあたる処理をせずに作ったので、メイクさえ頑張ればワタシはいつでもこうなれる!という気持ちにさせてくれます。これを眺めて、ニンマリにやにや(つられてニンマリできるように微笑んで撮影しておいたのですが)。

やっぱり、自然と笑顔になっちゃうような写真が、イメージングには適していると思います。今回、私のとった方法は万人向けではないかもしれませんが、最近のデジタルカメラの中には 「肌をなめらかにする」 「メイク機能」 「デカ目機能」 を搭載したものがあるので、画像補正ができるウェブサービスと合わせて活用すれば近い結果を得られると思います。
そういうのは面倒という人にはプリクラが便利です。憧れBabyという機種が、個人的には、かわいく撮れると思いました。

こういうのは「知ってるだけ」で終わりやすいので、実践例の紹介を多くしました。ぜひぜひ、イメージングの力、活用してみてください。

制作のメモ。
撮影時:レフ、光源、後処理を考えて目が見えるように注意した
メイク内容:ベースメイク、リップ、チーク(隠れたが)、アイライン、アイシャドー、つけまつげ(縮小したらわからなく・・)、アイブロー、カラーコンタクトレンズ(黒目を大きくするタイプ)
お仕事的処理内容:スキン・スムージング、アイ・エンハンスメント、ヘアスタイル整形、カラーバランス(フィニッシュ)
・テーマは「Energizer」 色彩はイエローとオレンジを基調として元気!ビタミン!な感じを狙った(元々、自分に元気を与える企画だったので)。
・チークが全く見えなくなって残念、でもオレンジ系のグロッシーリップは重要度が高いので露出した。
・プライバシー保護のために使ったハーフトーンが、どこかの民族のタトゥーに見えてきた・・。頑張った背景もトーン処理で水の泡。
【2010/05/08 02:01】 | 2010 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。