スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本代表!!
「ありがとう」とか「おめでとう」とは、まだ言わないですよ。 吉澤です。

サッカー日本代表。スンゴイですね。興奮しちゃいました。
大会前の試合ではダメだったのに、大会に入ったら快挙!ですからね。惚れちゃう。

でもウキウキするばっかりじゃ真剣にやってる選手たちに申し訳ないってものですから、私は今大会の日本の活躍ぶりから学びたいと思うことがいくつかあります。

基本的に身体能力というのは半年以上かけて徐々に高まっていくものなので、大会に入ってガラッと強くなった理由は身体的なものではないでしょう。それは技術も同様ですし、しかも普段から切磋琢磨しているプロの選手たちは、むしろ伸びしろが少なく急激な変化は起こりえないはずです。

しかし、もっとも重要で、もっとも影響力のある部分に、大きな伸びしろが残っていたと私はみています。

それは「こころ」です。

心技体といったときに、体は現実に直接の力を働かせる物理空間系のハードな要素、技はダイナミックな時間軸をもった要素、そして心はそれらを駆動させる指揮統括系のソフトな要素だといえます。
鍛え上げた肉体も、磨き上げた技術も、それらを使うべきときに使えなければ何の役にも立たないことから、まず心が重要である。だから「心技体」の順で並んでいるといわれます。

ソフトな要素の変化について、サッカー解説者が語るとおり、岡田監督の采配が当たっているというのが1つ。

日本にはスター選手はいません。今大会、あえて挙げれば本田選手なのでしょうが、「5人抜き」みたいな凄さを持っているというわけではなく、選択肢の多さが目に付く選手です。攻撃も守備も、ドリブルもパスも、シュートもアシストも、どれが持ち味かわからないところが持ち味とみています。
デンマーク戦の3点目はゴール前で本田選手が岡崎選手にパスをしたのですが、あそこで素直にシュートを選ぶ選手だったなら、ここまでの活躍はなかったように思います。ボールを受けた岡崎選手が、一瞬とまどっていたように見えましたけど、そう、誰もがあそこはシュートだろうと思い込む中で、意志の下に最も良い選択をできるところが本田選手の強さの秘訣。
「いったれー!」という感情に負けない、冷静さを失わない。弱気にも勝気にもならない。浮かれない落ち込まない。こころが強いのです。

本田選手を重要なポジションに据える決断をした以外にも、試合中のポジション変更など、岡田監督の采配に唸るサッカーファンが多いようですが、もう1つ、岡田監督はもっと大きな仕事をやったと思うところがあります。

「このまま続けていいんですか?」発言がそれです。

私はわざとじゃないかとみています。最初に聞いたときから妙だと感じていたことに、岡田監督はよく考える性格で、それは戦術でも、発言でもそうです。ポロッと失言するようなタマじゃないでしょう。(ポロッとタマっていいな・・)

もちろん、わざとやったにしても「賭け」だった可能性はありますが、どんな効用があるかは、チーム内問題で崩壊したフランスや、敗退の全責任を取るといったイタリアの監督をみればわかるとおりです。

サッカーは、どうしたってプレーの主役は選手です。監督はボールに触れないのに、全責任を取る立場なのです。
選手からすれば、これは居心地が悪いでしょう。自分が頑張って、なのに失敗したというとき、自分が責められるなら納得もいくものです。でも、現実にはボールに触れることもできない監督が責任を取らされる。
自信家の選手にとっては自分がみてもらえていないような悔しさを感じるでしょうし、チーム愛のある選手にとっては親を人質を取られたような心境でしょう。
あの一件で、それまでは何人かの選手が孤軍奮闘していたような状態から、一気にチームワークが高まったようにみえます。

ボールに触れられない監督は心技体でいえば、心の1点でしかチームに貢献できないのです。どんな仕事でもリーダーの仕事の大部分は心理マネジメントだといわれますが、本当にその通りです。そして岡田監督は見事にやってのけたと思います。


さて、気になるのは日本代表がこのあとどこまでいけるのか。
杞憂であって欲しいですが、正直なところ、どうかな、と思っています。

理由は、こころもまた、脳という臓器、つまり身体に影響されるものだからです。
心技体の言葉には他の見方もあって、心技体心技体心・・・と循環しています。勝ちたいという心が技(工夫)を生み、技を完成させるために体は鍛えられる、そしてケガのない元気な体が気力を生むというサイクルがあるのです。
科学的にいえば、ここまでの好調を支えた脳内物質が尽きてしまうことの懸念です。脳内物質は多少の蓄えがあるものなのですが、使う量より生産される量が少ないので、常に使い続けることはできないと言われます。

水泳のマイケル・フェルプス選手はADHDという発達障害の一種をもっていますが、この特徴が疲れ知らずで底なしの活力を生んでいるという話もよく聞きます。脳という臓器が精神に好影響を与える、体が心に与えるものを極端に表している例です。

日本代表の選手たちは大会前に快感を味わう機会がなかったことがプラスだったと思いますが、決勝トーナメント進出を決めて、何人かの選手は喜びすぎてしまったかもしれません。
喜び慣れていない人にとって、喜ぶということは普段と違う仕事をするようなもの、快感の裏で脳は消耗しているかもしれません。次の試合では、1人の判断の狂いから連携ミスなどが出ないか心配です。


ちなみに、日本と違うチームとしてアメリカに注目しています。
アメリカは先制されてから追いつき2度の引き分け、ロスタイムのゴールで1勝、結果はグループ1位で決勝トーナメント進出。ネガティブな状況での強さが光ってます。ただでさえアメリカではマイナースポーツのサッカー、大した応援もないでしょうに。
オリンピックでも感じたことですが、コーチングやメンタルトレーニングの先進国だからか、ハートが強いなぁ、と。

私も、こころのケアには身体のケアが欠かせないこと、こころを鍛えるには実体験が必要なことなど、心技体の前にもう一個「体」をつける、体心技体とでもいうようなサイクルを意識して過ごしているのですが、この考え方がどのくらい効果のあるものなのかどうか、それを日本とアメリカ、どちらがトーナメントをより上位まで進めるかで見極めてみたいな、と思ってます。


・・とまぁ、なんてかわいげのない日記!
サッカーそっちのけで「昨日コンビニで買ったプリン、めっちゃおいしかった(はぁと) 暑くなってくるとこういうのがおいしいよね~♪」とか書いたほうがモテたろう。惜しいことをした。
スポンサーサイト
【2010/06/25 14:05】 | 2010 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<7月になってしまいましたよ | ホーム | とめどなく日記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dpov.blog55.fc2.com/tb.php/101-67931bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。