スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
投票いってきました。他、温泉でのこと
今回、あんまり選挙カーの喧騒を聞かなかったような。 吉澤でっす。

候補者は人物のフィーリングで選び、比例は民主じゃないとこに入れました。
個人的には、結果を待たずに政策を変えるほうが問題だと思っているので民主に入れたいところだったけど、大きな潮流に乗って一旦は揺さぶろうという考えです。そのうち小沢さんを引きずり出せればいいかな、とか思ってます。(黒い・・)

っても、小沢さんのこと好きではないんですけどね。若い人向きではないかなと。
それでも「世論を~」「民意を~」と言い過ぎる人より、思い切って失言する人のほうが小気味良さもあるし、リーダーというのは人気取りじゃないので(人気がないと辞めさせられるけど)、やっぱり図太くて強引なくらいがいいと思ってます。

自分では世の中を変えようとはしないけど現状には満足していないという人は、黙ってリーダーについていくしかないだろうと思うのですが、身近なところにも現政権に不満をこぼしている人もいたりします。「じゃあ、立候補しなよ」とは目上の人にはなかなか言えませんが。
・・私って厳しいんでしょうか?

ところで、投票所では投票用紙をもらうときに、来た人が男か女かをチェックする作業があるのですね。
そのことをすっかり忘れていて元気よく男声で「おねがいします!」なんて言ったら係員さんがためらいがちに男スイッチを押していました。
そもそも男女を集計する意味があまりないような気がするのですが、ジェンダー的な観点からすれば女スイッチを押してもらったほうが統計上有意なデータになったかも。けど、子育て支援の政策との関連を見ようというのなら、やっぱり男スイッチを押してもらって正解だったと思い直しました。


すこし関係したことなのですが、どうも最近、外見的なことに思うことがあって頭を悩ませています。
先月だったか、誘われて何の気なしに日帰り温泉にいったのですが、フロントで女性用のロッカーキーを渡されて(女性客として処理されたことは内心嬉しいですが)、そのまま入るわけにも・・ということで男性用に替えてもらうという出来事がありました。
私としては温泉に入りたいだけなので、どっちでもいいといえばいいのですが、自分の姿から考えて混乱を避けるには男湯がいいわけですね。

ちなみに昔は男湯に入るのは恥ずかしいと思った時期もありましたが、近代的な西洋諸国でも、パートナー以外の前で全裸なんてアリエナイ!という国もあれば、男女ともに股間だけ隠せば良しという国(つまり水着姿の女性でも胸を出しているのがフツーの国、水着デザイナーにとってはつまらないかもしれない国)があることを知ってからは、そういう文化的なものに縛られているのはどうかなと思って、なるべく気にしないようにしています。(日本にも混浴文化があるわけですし、グレーゾーンですね)

でも、混乱を避けるために男湯を選択していたはずなのに、フロントで混乱を招いていたんじゃ??

とりあえず脱衣所に入るときにはガニ股で歩き、オッサンくさい動きを取り入れて「男ですアピール」をしているのですが、浴室内では絡みつくような(ウソ)視線を感じつつ、半径5メートルの範囲で避けられているような気がして、それはそれでさみしい。襲い掛かりそうに見えるのだろうか

そもそも男の体のはずなのに男湯に入るために気遣いがいるという不可解さ。一瞬、自分はMtFじゃなくてFtMだったっけ?と思ってしまう。
セクシュアルでみても、何が男で何が女なのだろう。身長をならしたら、表面的な男女の違いは脂肪による違いくらいなものです。私は身体計測データの数値的には男性のそれなのですが、なぜ女性と判別する人がいるのでしょう? スカウターが壊れてやがるのかな?

摩訶不思議アドベンチャーですね。
スポンサーサイト
【2010/07/11 17:54】 | 2010 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自分史:幼年期 | ホーム | 養生せいや!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dpov.blog55.fc2.com/tb.php/105-90f40813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。