スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パーティーへ、行ってきたよ
行ってよかったです。吉澤です。

昨日、友人の結婚式、二次会が無事に執り行われました。
新郎新婦とも素敵でした。心から祝福させていただくとともに、今後のご多幸をお祈りしております。

(例によって長いので、おヒマなときにどうぞ。です。)

性的マイノリティの友人などを見ていると、『結婚』というものに敏感になってしまう人も少なからずいて、私も一般の結婚観の通りには歩めないことを痛感してきていますが、今回のパーティーに参加して、体感して、やっぱり、心通じ合う人たちに囲まれて祝福を受けるというのは、いいものだな、と思いました。

正直に告白すれば、報せをいただいたときに考えていたのは、如何にして『欠席』するかのほうでした。「自分だけ、場違いだ」と思いました。
でも、「それでいいのか?」と、楽なほうに逃げているだけと気づきました。迷ったら難しいほうをとるのが、私が自分に課したルールでもあるので、まぁ、そのせいでいつも時間も体力も厳しく、恩師らからは「修行しすぎ」と諭されますが、私は弱いので、その分たくさん鍛えないと、自分の弱さに負けてしまいますので。
もう、それだけは嫌なんです。

『出席』を決めてから1ヶ月あまりにわたって準備を進めてきて、その様子はこのブログでも少し掲載してきました。
振り返ってみるとわかるのですが、見かけの上では服をどうするか髪をどうするか、そんなことばかりですが、本当は、そうやって不安を拭っていき、当日に堂々としていられるかどうか、に最大のカギがあります。

受験勉強中の学生や、発達障害を克服しようという人たちや、GIDで性別移行期にある人にも、「自分は十分にやったから、もう大丈夫。これでダメなら仕方ないことなんだ」と、そういうスタンスが見えることがあります。
諦めるとか、開き直るとか、これにはマイナスのイメージがあるからこそ、受け入れるには覚悟がいるし、受け入れるには、今の自分の小ささを認めて、その上で自分の枠を壊して“うつわ”を大きくするしかない。いろいろ苦しいわけです。

何かに対して嫌悪感があるとき、どうしても嫌悪の対象に意識を奪われがちになるけど、本当の発生源は自分の内面にあるということを、この1ヶ月あまりの“もがき”を通じて、実感することができたと思います。
いずれ、「修行しすぎ」なとこも、何かの悟りに変わるんでしょうね。まだ全然見えませんが。

まだ若いつもりだし、もがいてるくらいでいいんでしょうけど。

個人的には、精神的に得るものが多いパーティーでした。
あ、もちろん、一晩明けて、シャッキリした頭でこう思うのであって、パーティー中はフツーに盛り上がってましたが(笑)

~~~

ちなみに、もともとの懸案事項であった性的なルックスについて。いや、もともとなのに「ちなみに」ってなんだ?
だいぶ低い扱いになってしまいましたが、こちらのほうも満足のいく結果だったと思います。

仲の良い友人でも半年以上会っていなかったので(どんだけ人付き合い悪いんだワタシ)、まず言われたのが「髪伸びすぎ!」でした。
それより先に、私に気づいてもらうまで苦労しました。気づいてもらうっていうか、私から声かけましたけど、招待客の中では一番付き合いが短いほうだと思うので、“はずれてる”というか、“はぐれてる”というか、ええもう、人見知りなのに頑張りました。
人見知りだというと「違うだろ」って言われるんですけど、超人見知りです。だからこそ突っ込んでいるだけ。理由は上述していましたね。「苦手だから、やる」です。


面白かったのは、(嬉しかったのは?)、「女にみえる」って言ってもらったことですね。
まぁ、同じメンツでも前々から言われることはありましたが、新しいパターンとして、


友人Aと歓談し、私が一旦席を外して戻って、今度は友人Bの隣へ。
そしたら友人Aが、
「Bさん、どこの女の子と話してるんだろ?」
と思った。

とのことで、「へぇぇ~~」と思いました。

印象を覆すのって難しいんですよ。
友人らはすでに面識がありますから、それが別人に見えるっていうのは、面白いことです。マンガなんかじゃ、女装したら誰も正体に気づかない、なんてことがありますけど、ちょっと近いですかね。でも私には女装したという意識はありませんけど。
どっちかっていうと男装ですかね。『COMME ÇA DU MODE』の女性店員さんみたいな感じ、って言ったらわかるでしょうか?パンツスーツ姿の。

ファッションは直前に再調整したら、レディスアイテムはシャツだけになったのですが(それもジャケットで隠れたし)、まぁ、よかったみたいですね。自分でもかっこよくまとまったかな、と。黒系のアイテムばかりだったので、華やかさを出すのに気を遣いました。葬式みたいになっちゃいけないですもんね。
黒は何にも染まらぬがゆえに、強く、純粋な色、って、好きな考え方です。

ヘアとファッションについては友人からも話題に挙がりましたけど、メイクには誰も気づかなかったっぽいです。
LadyGaGaばりの派手メイクは下手なんですが、ナチュラルメイクの「ここまでならバレない“ライン”」を探るのは得意かもしれない。


トータルでいって、変に注目を浴びることもなく、モブの役割を全うできたかな、と思います。
失敗があったとすると、受付で前の人にくっついて新婦側の列に並んでしまって、新婦のご友人と思しき受付のお姉さま方にお手数をかけたな、と。完全に女性のリストから私の名前を探してましたね。リストは新郎側と同じシートだったとはいえ、新婦の友人≒女性が多い、このあやしいヤツも女性だろう、と思ったかどうかわかりませんが、ミスリード(?)を誘った気がします。

あとは毎度のことですが、紳士トイレにいると、次に入ってきた人を一瞬動揺させる、という。なるべくロン毛のあんちゃんに見えるように振る舞い(ア~、ダリィ~。みたいな所作 笑)に気をつけてトイレを使うのですが、特に手洗いのときは相手に対して背中で表現しなきゃいけないので演技が難しい。もっとバチャバチャとガサツな感じに洗うといいかも。
いつもTPO考えてトイレ選ぶんですけど、中性的な感じにしている人って、どっちのトイレ入るにしても大変じゃないですか?あんまり気にしない?

女性用トイレだけ『音姫』が完備されてるの不公平。とか、どうでもいいですか、そうですか…。
知らないでしょ、男女諸君。トイレ格差を(笑)

ま、私、『音姫』きらいですけど。
かえって恥ずかしいわ、「今してます!」みたいじゃない?アレ。

トイレの話に脱線すると長いのは変人だからですかね。

~~~

今回、結婚について、また違う見方を見つけられてよかったです。
結婚制度についてはよくわかっていましたけど、それとは違う『結婚』があることも知っていたので、それがどういうものか体感できたのがよかった。
やっぱり、みんなに祝福されるってことに尽きるんでしょうかね。

自分の場合、どんなカタチになるか想像もできませんが、友人や、何より両親に祝福してもらえるように、なれたらいいなと思いました。
まだまだ、結婚どころか、一人前としても認めてもらえていないと思うので、差し当たり親を超えるというのが目標ですが、高い高い壁です。超えようとするほどに親の偉大さを知ります。
なんというか、子どもを育ててみないことには、超えようがないものです。子を育てるうちに人は親になるもので、親もまた常に成長しているものなんですね。やっと人になりかけの私が追いつけるはずもないですが、いつか同じレベルにまでは辿り着きたいものです。


新郎新婦様、こんなつもりで招待したわけではないと思いますが、私にとって学び多き機会となったことを感謝いたします。
そして、もしこのブログを見つけてしまっても黙っててください(笑) 真面目に書いた分については気恥ずかしいですから、やっぱり私は「変なヤツ」くらいでいるのが、ちょうどいい。ちょうどいいHONDA。

最後まで読んでくださったあなたにも感謝いたします。
今後はいつもよりキレイな吉澤(当社比)を心掛けて精進します。
スポンサーサイト
【2010/11/14 13:00】 | 2010 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ネーミングにこまる | ホーム | パーティーヘ ~ヘア編~>>
コメント
吉澤さん
パーティーに参加されお疲れ様です。
精神的に得るものが多いのはういいですね 私も最近は精神的に得るものなくて・・落ち込みが多いです。
そうそう 「音姫」あれね(笑)「今、してます!」て事だよね。
言われて初めて気が付きました。
ごめんね こんなカキコになって・・
ちゃんとね最後まで読まさせて頂きました。


【2010/11/15 11:10】 URL | 由美 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
由美さん
返信が大変遅くなってしまって、すみませぬ。最近、あっという間に時間が経ってしまいます。まさに光陰矢のごとし、です。
音姫は、トイレが混んでて、みんな使ってるときはいいのですが、人がまばらなときは使用をためらいます。自分がトイレの外にいて、トイレ内には1人しかいないときに音が聞こえてくると、なんだか複雑。わざわざ報せなくていいのに、と。

得るものがないときは、何か新しいことをしてみるのは、どうでしょう?
私は今日、また新しいグループに飛び込んで、刺激を受けてこようと思っています。毎回、自分がどう思われるかと緊張しますが、いってきます。
けど、体調を崩される方が増えていますので、休養が必要と思ったらしっかりとお休みください。
お読みくださって、ありがとうございました。
【2010/11/27 09:30】 URL | 吉澤 真夜 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dpov.blog55.fc2.com/tb.php/116-8b75c4ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。