スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
率先しよう、そうしよう
 
率先しよう

バナーを追加しました。

これはライフワークの根幹にもなっているポリシーで、「率先しよう」という気持ちを表しています。
バナーには、「まず!あなた自身を導きなさい」というメッセージを刻み、いつも忘れないように注意カラーにしました。

「率先してやる」というと、組織の中で他の人よりも先に何かの仕事に取り組むというようなイメージもあるんだけど、それは違います。それはただの競争だと思います。

私の考える「率先」というものは、

…例えばカミングアウトの場合。

どこかで「相手に理解してほしい」と思っている。
なら、「まず」、自分が自分を理解すること。それから、自分が相手を理解すること。…率先です。

理解すべき内容を整理し、理解するということのプロセスを体感すれば、相手に「理解させる」のは難しくないです。このときの率先の達成度は、「してほしい」や「してもらいたい」というような相手に判断を委ねてしまうことが、実は相手を理解できていないから委ねざるを得ないのだ、という部分から知ることができます。

私の場合は、自分と相手をある程度まで理解した段階で、相手に理解を求める必要がないことに気付くことが多いです。自分の思った方向に物事を進めるために必要なことはカミングアウトではない、という結論でしょうか。
カミングアウトはライフワークとして行うか、まぁ、ちょっと刺激が欲しいとか(笑)、大切な人には話しておくべきだ、と思うから話す、とかかな。嫌われてもいいんです。相手の心に種をまくことはできる。それで十分です。


もう1つ、

…例えば恋愛の場合。

「愛してほしい」と思っている。 これも、同じです。
まず、自分が自分を愛すること。そして、相手を愛すること。…率先します。

こう考えると、恋や情を、愛と分けられるような気がします。なんとなくだけど。


それから、この「率先」をしていると、愚痴や文句が出てこないです。

…例えば、何気ない会話の最中、友人がKYだったとき(笑

KYな人をKYだと批難したり、押し黙ってしまい会話を途切れさせる行いはあると思うけど、果たしてそれは「空気が読めている行い」かな?と考えるわけです。まず率先して、自分が「空気を読めている行い」をすべし、となれば、KYな人のフォローまでできて初めて自分は「空気が読めている」ことになる。それができなきゃ自分もKYだということです。

自分の非力を棚に上げれば愚痴や文句が出ます。愚痴や文句が悪いとは思わないけど、問題の在り処を自分の外に置けば自分で解決できなくなる。これは苦しいです。さっさと解決したいなら自分の問題にするのが一番です。手出しできないものには無力だけど、手が出せれば非力でも力はかけられます。


まとめに、
この「率先しよう」という気持ちは、日常のたくさんのことに関わってるので、活動じゃないんだけどバナーにしました。

なんか、決意表明シリーズになりそう(笑
スポンサーサイト
【2009/09/07 11:21】 | こころがけ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。